Think Future, Imagine Alternative, Create Real!Information From TransNetCreation

Thank you for viewing this page.
But this page has not been fully translated from Japanese to English yet, and I am feeling sorry about it.
I can only translate the contents of this site little by little, and it would be greatly appreciated if you would understand it.
If you want to read this page in English as soon as possible, please contact me and tell your request,
and I will try to translate this page earlier than another.
If you can understand Japanese, translate this page with good intent and send me the translated text, I am very glad.

Web サイトのアプリケーション化に対応するための Drupal 7 用モジュール
TNC App Site Module」を開発しました。
2012年05月02日 | Information 0030
今回開発した「TNC App Site Module」は、
Web サイトのアプリケーション化に対応するための Drupal 7 用モジュールです。
現状では、既存のPC用ページに対してスマートフォン用ページを用意するというサイト管理者のニーズを念頭に、
例えばPC用ページのパス「node/123」に対応するコンテンツを、
「m/node/123」「smartphone/node/123」などのように、
管理者が指定する特定のプレフィックスパス(この例の場合では「m」「smartphone」など)のもとで、
デフォルト・テーマとは別テーマ(例えばスマートフォン用のテーマ)で展開するような仕様となっています。
その上で、(1)内部リンクの Ajax 化(=対応する表示領域の、ページ遷移を伴わない迅速な更新)、
(2)既読ページのオフラインでの再現、という機能により、
サイト訪問者の方に対して、ネイティブ・アプリケーションのようなユーザー体験を提供することを意図しています。
また、ユーザー体験においては鍵となる、
クライアント側(=ブラウザ上)でのコンテンツ更新時のエフェクトや閲覧履歴のUIなどに関しては、
サイト独自に(開発者やテーマ制作者などによる)カスタマイズも可能な仕様となっています。

それに合わせて、当サイトにおいても、
当モジュールを利用した実例として、スマートフォンユーザーの方向けのページを用意しました。
なお、当サイトでは、独自に、
(1)スマートフォンでのアクセスの場合には、自動的にスマートフォン用ページを表示する(リダイレクトする)
(2)レスポンシブ・ウェブ・デザイン(RWD)の考え方を採り入れて、iPad 等のタブレットでも最適に表示する
(3)スマートフォンでのアクセスの場合でも、タブレットを想定し、PC用ページの閲覧も可能なようにしている
という対応を行っています。
スマートフォン用ページは、具体的には、PC用ページと全く同じコンテンツをベースに適宜必要な修正を加えて、
それに対してスマートフォン用のカスタム・テーマを適用するというプロセスで生成しています。
モジュール開発者としてだけでなく、サイト管理者としても、
コンテンツ表示の迅速な更新や既読ページのオフラインでの閲覧機能などにより、
スマートフォンユーザーの方々の利便性の向上に資するものとなりましたら、幸いに思います。

また、当サイトは Drupal モジュールの実験サイトという性格もありますので、興味のある方を想定して、
敢えて、PCでのアクセスの場合にも、それがモダンブラウザーでのアクセスの場合には、
ページ上部のナビゲーション内の「Smart Phone」というリンクから、
そのページのスマートフォン用ページにアクセスすることができるようにしております。

TransNetCreation では、今後とも、「Think Future, Imagine Alternative, Create Real!」の精神で、
アプリケーション開発、システム構築、サイト制作及び経営・マーケティング・ITコンサルティング、
そしてそれらに関する情報発信などの活動に取り組んでいきたいと考えています。
当サイト共々、今後とも TransNetCreation をよろしくお願い致します。
December 2022
00
00
00
00
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31